日本全国のネットワークで迅速対応
非常用発電機の負荷運転ならJLAへ

 負荷点検のご依頼はこちら

 非常用発電機負荷試験とは・非常用発電設備の定期総合点検の義務
・なぜ負荷運転点検が必要なのか


 加盟店募集詳細はこちら当協会は、随時会員の募集を行っております。まずはお気軽にお問合せください。


 会員様向けシステム当協会に加盟されている会員様向けのシステムを提供しています。

TOPIC

協会について

弊協会では、消防法に義務付けられております。
非常用発電機のコンプライアンス基づく点検を実施して頂くべく、発電機の設置先施設並びにその関連企業様に、啓発活動及び点検技術者の教育を目的として、平成27年5月に設立した一般社団法人です。

負荷試験とは

無負荷(空ふかし)運転点検だけを行っていると、ディーゼルエンジン内にカーボンが堆積されます。

その為、1年に1回は30%以上の負荷運転を行い、堆積されたカーボンを燃焼排出する必要があります。

点検シール